療法士の新人教育

リハビリテーション科では新人教育として客観的臨床能力試験(OSCE)を実施しています。

OSCEとは療法士の技法(コミュニケーション能力・判断力・臨床技術・態度)を模擬患者に対して実施し、リハビリテーションにおける立つ、座る、歩くなどの基本となる動作の介助方法を統一するために実施しております。

当院では藤田医科大学保健衛生学部リハビリテーション科の先生をお招きし、新人療法士の技術指導、スキルアップが出来る環境を用意しています。

また院内の療法士が中心となって症例検討会、勉強会を都度開催し患者さんに安全で高品質のリハビリテーションを提供できる様に日々精進しています。

アーカイブ