栄養科

チーム医療による栄養管理(NST)

医師を中心としたメディカルスタッフチーム(看護師・リハビリ)で栄養管理を行っています。
専門職が連携し、患者さんお一人お一人にあった治療を実践します。

攻めのリハビリ栄養

 入院時に低栄養をピックアップし、定期的(1回/週)にモニタリングを行います。
低栄養の早期改善により、リハビリによる身体機能向上の効果を高めます。

進化する咀嚼嚥下食

加齢やご病気で、噛む力や飲み込む力が弱くなった方には、食べる機能に配慮した形態でお食事を提供しています。お肉やお魚は形そのままに柔らかく仕上げ、見た目とおいしさにもこだわっています。

特別メニュー

毎月1回、特別メニューを実施しています(別料金)。        

うな丼御前
すき焼き御膳

日々のお食事に季節感を

入院生活の中であっても、季節の移ろいを食事によって感じていただきたい。
日々の楽しみにつながる献立を心掛けています。

水無月(常食)
水無月(やわらか食)
冷やし中華(常食)
冷やし中華(やわらか食)
七夕(常食)
七夕(やわらか食)

栄養指導で退院後も安心

患者さんの生活スタイルや嗜好に合った食事療法をご提案致します。
制限食の方には「おいしさ」や「満足度」も考慮し、無理なく継続できるようサポートします。

【対象】
 糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満症、腎臓病、心臓病、肝臓病などの生活習慣病、栄養不足による低栄養、飲み込みにくい・むせやすいなど嚥下機能が弱くなった方等

【例】

  • 減塩のポイントとコツ
  • 栄養バランスのよい食材やメニューの選び方
  • 咀嚼嚥下食の注意点や調理の工夫
  • 食事による要介護予備軍(フレイル)の方の筋力低下予防
  • 食欲不振時の栄養補助食品の活用
  • 配食サービスの紹介