ロボットスーツHAL®

ロボットスーツHAL®を用いた京大との共同研究

 脳神経リハビリ北大路病院では、サイバーダイン社の「ロボットスーツHAL®福祉用」を用いた
京都大学との共同研究及びリハビリテーションを開始致しました。
 脳卒中後の患者さんに、急性期から回復期まで継続的にロボットスーツを用いたリハビリを行い、
効果を検証しています。脳卒中以外の患者さんに対しても、当院独自の研究を計画しています。

※現段階では、ご希望の患者さん全員にロボットスーツを使用して頂けるものではありません。



「ロボットスーツHAL®」について詳しくはサイバーダイン株式会社のホームページをご覧ください。
当院での導入の模様は、株式会社増田医科のホームページで紹介されています。
リハビリスタッフが一生懸命、講習を受けています。

このページの先頭に戻る