嚥下体操

嚥下体操について

 当院では、入院患者さんを対象に、嚥下体操を行っています。
 嚥下とは食べること、飲み込むことです。高齢になったり、脳卒中や神経筋疾患を患うことで、嚥下の力が弱くなる可能性があります。歯が弱る、噛む力が低下する、舌の動きが悪くなる、唾液の量が減る、口・喉・食堂の筋力が低下する、飲み込む反射のおきる速さが遅くなるといったことが主な原因です。

 嚥下がうまくいかず、食べ物や飲み物が気管に入ることを誤嚥といいます。誤嚥は肺炎(誤嚥性肺炎)の原因となったり、最悪の場合窒息につながる可能性もあります。この誤嚥を予防するのを目的に嚥下体操を行っています。

 歌ったり、口や舌や首回りを動かす簡単な体操を行います。歌うことは口や舌や喉の筋肉を動かすことになるので、誤嚥予防につながるのです。
 音楽療法士でもある理事長岡田純を中心に言語聴覚士や看護スタッフも参加し、月1回のペースで行っています。

このページの先頭に戻る